黄金の羽の拾い方

たちばなあきらさんはロマンチックな描写にしびれます。

もちろん、財テク話もためになるのですが、タイトルにもある、黄金の羽の描写などせわしない日常のこの世界にファンタジーの粉をまぶしてもらったような気分になりました。

橘玲さんの小説もその後読みましたが、楽しめました。多才な方なんですね。

雨の降る日曜は幸福について考えよう

が一番好みでした。

3月11日以降の本を楽しみにしています。、あ、もうとっくに出てるようですね。