ウはウミウシのウ―シュノーケル偏愛旅行記 宮田 珠己

タンクを背負うダイビングではなく、こだわりのシュノーケリング脱力エッセイ。

シュノーケルのマニュアル本を探していてたどり着きました。

酸素ボンベを背負って海の深いところにいけばそれはすごそうですよね。でもなんか色々準備が面倒そうです。

もぐろう、と思ってぱっともぐれる身軽なかんじがいいのです。

シュノーケルだけでもすごいサンゴがみれるところがあるんですよ・・日本に。・・本州ですよ。

本を読んでから行きました。満足でした。

紹介されている国内のポイントでまだ行けていないところがあります。いつか行きます。